「保険見直し」の記事一覧

医療保険を選ぶポイント…保険の見直し12

医療保険を選ぶポイントはさまざまありますが、 出費がかさむ時期に絞って入院リスクに備えたいという人なら、 必要な期間限定の「定期タイプで安く保障を得る」のが合理的です。 定期タイプといえども、 10年更新だけではなく、6 […]

医療保険はむしろ退職後に必要…保険の見直し11

現役時代は健康で入院もせず過ごした人であっても、 定年後もそれが続くとは限りません。   入院治療が必要になる病気は、 60歳を過ぎると急激に増えるため 多くの人は、定年を過ぎてから医療費が急にかさみ、 医療保険のお世話 […]

保険会社はどこを選ぶべきか?…保険の見直し10

保険会社は どこがよくてどこがダメということは、 一概にいえません。 A社は終身保険に強いとか、 B社は収入保障保険が非常に割安、 などというように、 各社が看板となる「エース商品」を持っているからです。 しかも、保険会 […]

生命保険の正しい入り方…保険の見直し9

死亡した際に給付金が支払われる生命保険の正しい入り方を、まとめてみました。 ①必要な保障額を算出し、 不足する分だけを保険でカバーしましょう。 ②住宅ローンを組んで 団体生命信用保険に加入している人は、 必要保障額に住宅 […]

タバコを吸わないと保険料も安くなる!収入保障保険の活用…保険の見直し8

最近注目されている生命保険に、 「収入保障保険」という商品があります。 通常の生命保険は、 保険期間内に死亡すれば、 あらかじめ決められた保険金額が 一括で支払われます。 一方、収入保障保険は、 保険金を一括で受け取るの […]

定期付き終身保険等更新していく保険の取り扱い…保険の見直し7

必要な時期に必要な保険をムダなく設計していくには、 将来解約したり保障をプラスしたりといった 「見直しがしやすいようにしておく」必要があります。 しかし、保険診断を依頼される保険の中には、 「主契約」にさまざまな「特約」 […]

掛け捨ての保険と貯蓄の保険の活用法…保険の見直し6

前回の続きです。 保険を考える際は、 掛け捨て型の商品と貯蓄型の商品を 分けて考える必要があります。 掛け捨ては、死ななければ戻ってこないから損、 終身保険なら返ってくるから得、 などと安易に判断するのではなく、 それぞ […]

生命保険には掛け捨ての保険と貯蓄の保険がある…保険の見直し5

必要な保障額と期間がわかれば、具体的な商品選びを始めます。 万一に備える生命保険にもさまざまな種類があるので、 まずは基本的な知識を押さえておきましょう。 多くの人が加入しているのは、 いわゆる「掛け捨て」と呼ばれる「定 […]

無駄なく保険に加入するには・・・保険の見直し4

  ムダなく生命保険に入るためにはまず、 「必要な保険金額を算出する」必要があります。 たとえば、夫にかける生命保険の額を考える場合、 「A.必要生活費」「B.教育費」「C.葬儀費用・妻一人暮らしの生活費」に分けて考える […]

妻が死亡した場合…保険の見直し3

前回は、夫の生命保険についてお話ししました。 それでは、妻が死亡した場合にはどう考えればよいでしょうか。 専業主婦や共働きの妻、病気で働けない夫の代わりに働いていた妻が亡くなった場合、残された子のある夫(父子家庭)は、 […]