サイト内検索

関西一円の生命保険に関するご相談を女性ファイナンシャルプランナー(FP・主婦・子育て中)が承ります。

山下FP企画
〒662-0952 兵庫県西宮市中浜町3-10   tel 0798-36-4877  mail fp@yy-hoken.com
土・日曜日・祝日OK お問い合わせ時間 AM9:00~PM6:00 お気軽にお問い合わせください。
お申込はこちら
サービス 知っておきたい保険の話 山下FP企画について 知っておきたい保険の話
パーソナライズ提案
保険の賢い利用方法
保険の裏ワザ
商品情報
保険コラム
相談について メールマガジン お問合せ

最新保険ニュース

入院したら一時金20万円、医療保険に新しい風

2015年11月25日

2015年12月2日よりAIG富士生命より、医療保険の新商品『医療ベスト・ゴールド』[無解約返戻金型入院一時金給付保険(2015)]が新発売されます。

この医療保険は今までのような医療保険と同様、10種類の特約があり、この特約を全部つければ、保障は充実しますが、掛け金も当然高くなり、それは変わりません。

ですが10種類の特約の中身は、医療保険のメインといわれている「入院したらいくらもらえる」といった入院保障も「手術したらいくらもらえる」といった手術給付もその特約に中に含まれています。
つまり特約なので、不要と思えば付加しなくてもOKです。では、この保険の主契約、メインはなに?といいますと、「入院一時金」です。
1泊2日以上入院したら、入院1回につき5万~20万、最大50回まで支払われます。たとえば入院一時金20万では、最大累計金額は20万円×50回=1000万円となります。

何日入院したら・・・の日数で計算するのではなく、入院したらまとまったお金が支払われるというもの。
病気の種類は問いませんので、風邪をこじらせて・・・食あたりで・・・といった場合でも、1泊2日以上の入院でしたら、所定の一時金が支払われます。

加入者サイドになって考えると、保障内容が多いと、実際に病気やけがになったら、自分の保険では、本当に給付金はもらえるの?といった不安がありますし、複雑すぎる保障内容では、その給付条件もよくわからなくて、本当は給付対象であったにもかかわらず、自己申告請求のため、「給付申告漏れ」の可能性もあります。

そのような観点から考えますと、シンプルに、「2日以上の入院では20万」といった保障内容は、確かにわかりやすいし、給付漏れもないでしょう。

使い方としては、この保険は2日以上入院しないと給付金はゼロ、1円も出ないため、いままでの従来の日帰りでも対象となる入院や手術金がでる医療保険に加入している場合は、これを上乗せ保障する、または一部減額して、浮いた保険料をこの一時金タイプに差し替える・・・。
まったく医療保険に加入していない場合は、主契約の「入院一時金」と「手術したらもらえる手術給付金」を特約として付加してもよいでしょう。
詳しくはこちらのAIG富士生命のHPをご参考ください。

http://www.aig-fuji-life.co.jp/864.html

緩和型医療保険が10月2日より新発売

2015年09月29日

オリックス生命より、緩和型医療保険 新発売

 

緩和型医療保険がさらに進化した模様・・・。

 

今回注目すべき商品として、緩和型医療保険が

 

オリックス生命より10月2日より発売されます。

 

緩和型医療保険とは、既往症があり、通常タイプ保険に加入できない方のための保険です。

 

ですので、通常タイプよりも保険料は割高。

 

ですがその割高な金額が昔に比べ、ずいぶん、小さくなりました。

 

また、医療保険加入においてハードルの高くなる疾病の一つに

 

「精神疾患・うつ病」が挙げられます。

 

緩和型といえどもこの疾病は難しかったところ、

 

過去2年以内に入院をしていない、

 

最近3か月以内に入院や検査をすすめられていないようでしたら、

 

加入できます。

 

また昔がんになって、症状はおさまっているものの、

 

念のため、1年に1回健康診断に行っているといった場合も、同様に

 

加入できるようです。

 

詳しくはこちらをご参照くださいね。

 

http://www.orix.co.jp/grp/news/2015/150824_ORIXJ3.html

 

緩和型医療保険の新商品発売(5月2日~)

2015年03月11日

損保ジャパン日本興和ひまわり生命

2015 年4 月2 日から引受基準緩和型(限定告知型)医療保険「新・健康のお守り ハート」を発売します。

緩和型医療保険というのは、一言でいうと、保険加入にあたり、健康状態になんらかの異常(健康診断の結果表などで)の指摘、既往症があり、通常の保険加入が難しい方のための保険です。ですので、保険料はその分、割高。

ですが健康に不安を感じていらっしゃるので、保険に加入しておきたいというご要望は強いのですが、通常よりも保険料が高くなるので、私のほうでも、貯金で備えるということも併用してアドバイスしています。

緩和型の医療保険の注意点はご加入されても1年以内に病気や手術を受けられても保障が半分、入院1万円でしたら、5000円になるということです。
さらに、細かいことになりますが、通常の医療保険に比べ、手術倍率が10倍程度で、給付金額が抑えられていること、先進医療(公的な保険適用対象外の治療で全額自費)特約が付いていない、保険料が免除になるというと特約がついていないなど、やはり「緩和型医療なので」という保障の充実感がないのが、難点でした。

今回の損保ジャパン日本興和ひまわり生命の緩和型医療保険は、その難点をクリアにされた保険といってもいいかと思います。

特徴的なこととして、

●三大疾病の場合、入院日数が無制限
●三大疾病で保険会社の定める条件に該当すれば、その後の保険料は免除
●若い方で健康状態に問題があり医療保険に加入できない方の受け皿として
20歳~加入年齢を引き下げている。
●保険料の支払いは終身払いだけでなく、有期払いもある
などが、あげられます。

詳しくはこちらをご参照くださいね。

http://www.himawari-life.co.jp/unique/images/company/news/a-01-2015-03-02.pdf