サイト内検索

関西一円の生命保険に関するご相談を女性ファイナンシャルプランナー(FP・主婦・子育て中)が承ります。

山下FP企画
〒662-0952 兵庫県西宮市中浜町3-10   tel 0798-36-4877  mail fp@yy-hoken.com
土・日曜日・祝日OK お問い合わせ時間 AM9:00~PM6:00 お気軽にお問い合わせください。
お申込はこちら
サービス 知っておきたい保険の話 山下FP企画について 知っておきたい保険の話
パーソナライズ提案
保険の賢い利用方法
保険の裏ワザ
商品情報
保険コラム
相談について メールマガジン お問合せ

プロが教える保険の裏ワザ・・・・終身保険

kdm039-s<学資保険の代わりに終身保険を活用!>

終身保険とは、言葉どおり、「身が終わる保険」・・・
人間いつかは万が一のときがきますので、保険期間がその方が生きている間中、
続く保険です。だから⇒終身保険

この終身保険の加入目的は、一般的には「整理費用(お葬式代)」といわれています。
ですが、賛否両論はありますが、お葬式代のために「終身保険」に加入するのは
ちょっと・・・・
なぜなら、若いうちに、何十年も先に必要となる、お葬式代を確保しないと
いけないのでしょうか?

そこでプロの裏ワザ・・・・学資保険の代わりに終身保険!
「学資保険」・・・・・子どもが誕生したら、加入しないといけないと思っていませんか?

実は、私もそうでした。でも「学資保険」って戻り率が悪いですね。

それもそのはず、「学資保険」の被保険者は、お父さんと子どもです。
お子さまや、お父さんに万が一のことがあれば、
お子様は死亡保険金を
お父様のばあいは、保険料払込免除となって18歳時に満期金や育英金を
受け取ることに。

つまりダブルで生命保険料がかかるわけ。
おまけに、こどもの医療保険もついているので、元本割れも仕方がないですね?

そもそも子どもの教育資金の捻出のために「学資保険」に加入していると思いますが、
もし、お父さんに万が一のことがあると、お子さんは大学に通うことも経済的に
難しくなります。(母子家庭の平均年収は200万円)

だから、学資保険は、
貯蓄目的と、お父さんに万が一の場合の大学資金の確保が目的・・・・
子どもの万が一のための生命保険金は目的外です。

だったら、お父さんのみに、生命保険を用意し、
しかも学資保険のように、15年~18年など短い期間で保険料の払込を終わらせ、
子どもの大学の費用に備えればいいですね?

そのために、お父さんに「終身保険」を保険料払込を15~18年で設計し加入すると
今、いろいろな終身保険がありますが、元本割れはまずありません!
(くわしい見積りが必要な方は、お気軽にお申し出ください。)

もちろん、子どもの学資を保険で用意しないといけないことはないですが、
貯金は、三角、保険は四角・・・・という「言葉」があります。

貯金は、お父さんに万が一のときに、積み立てていたお金のみが、遺族の手元に残ります。
積立ていた期間が短いと、たとえば、1回だけ1万円積立して万が一のときは当然、
1万円がご遺族の手元に・・・・(これでは、子どもの大学への進学は無理ですよね)
三角というのは、積み立てした累積の金額をあらわします。

一方、生命保険は、たった1回だけ、1万円保険料を支払っただけですが、
万が一のときは、仮にその生命保険金が500万だとすると、お子さまの教育資金が
それでまかなえてしまう・・・
それが、生命保険の最大の特徴で、四角というのは、保障の高さをあらわします。

資金がたっぷりある人は、生命保険は必要ありません。
もしもと時は、ご自身の資産からお子様の教育資金を捻出すればいいだけ。

ただ多くの場合、十分な学資が貯まっていないのがほとんど・・・
だから、貯蓄と生命保険を同時に用意できるプランとして、
お父さんのみに、支払い期間の短い終身保険を用意することも
生命保険の有益な使い方だと思います。