サイト内検索

関西一円の生命保険に関するご相談を女性ファイナンシャルプランナー(FP・主婦・子育て中)が承ります。

山下FP企画
〒662-0952 兵庫県西宮市中浜町3-10   tel 0798-36-4877  mail fp@yy-hoken.com
土・日曜日・祝日OK お問い合わせ時間 AM9:00~PM6:00 お気軽にお問い合わせください。
お申込はこちら
サービス 知っておきたい保険の話 山下FP企画について 知っておきたい保険の話
パーソナライズ提案
保険の賢い利用方法
保険の裏ワザ
商品情報
保険コラム
相談について メールマガジン お問合せ

ライフスタイル別・・・シニアの保険

phm16_0010-s1だれでも入れる医療保険
医療保険でも、無選択型保険といって告知の必要ない保険=だれでもはいれる医療保険がテレビやチラシなどで見受けられますが、これは健康な方にとって不利な条件となりますので、間違っても加入しないようにして下さい!

また高血圧などでお薬を医師より処方されている、過去に医療保険加入を断られた
経験があるということで、前述の無選択型保険に加入される場合がありますが
保険会社によっては条件付で加入できたり、また割り増し保険料により加入できたりしますので、相談してみてください。

 無選択型医療保険というのは、最後の手段であって場合によっては
自家保険(自分の預貯金から何かあったときは対応する)のほうがいい場合があります。

医療保険の保険期間は終身(一生涯)で

日本人の平均寿命は、
1970年の男性の平均寿命は69.84歳 女性の平均寿命は75.34歳
2000年の男性の平均寿命は77.64歳 女性の平均寿命は84.62歳
2050年の男性の予測平均寿命は、80,95歳 女性の平均寿命89.22歳
 (国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」より

もし仮に今から医療保険に加入するとした場合、寿命はどんどん伸びつつありますので、
保険期間は終身(死亡するまで)であったほうがいいということです。

もはや80歳までの医療保険では意味がない? 

保険料はほどほどに・・入院は1日1万円!というテレビのコマーシャルの効果でしょうか、1日1万円を希望される場合が多いですが、保険料は年齢とともに高額になってしまします。

 保険というものは、健康であればバカらしいもの、されど、いざ病気になれば真っ先に頼りにするものです。だからといって、シニアの方がこれから終身医療・がん保険をご用意するとなると、
やはり保険料はお高くなります。

継続できないような高額な保険料は無理はされないで、貯金(自家保険)との併用をオススメします。