サイト内検索

関西一円の生命保険に関するご相談を女性ファイナンシャルプランナー(FP・主婦・子育て中)が承ります。

山下FP企画
〒662-0952 兵庫県西宮市中浜町3-10   tel 0798-36-4877  mail fp@yy-hoken.com
土・日曜日・祝日OK お問い合わせ時間 AM9:00~PM6:00 お気軽にお問い合わせください。
お申込はこちら
サービス 知っておきたい保険の話 山下FP企画について 知っておきたい保険の話
パーソナライズ提案
保険の賢い利用方法
保険の裏ワザ
商品情報
保険コラム
相談について メールマガジン お問合せ

火災保険を選ぶポイント…保険の見直し14

2015年04月10日

持ち家のある人は、
火災保険に加入していると思いますが、
契約内容をご存知でしょうか?

火災保険は、住宅ローンを組む際、
加入が金融機関からの融資の条件となっているため、
銀行や不動産会社で斡旋された保険にそのまま
加入している例が多いようです。

言われるがままに契約し、
補償内容をきちんと精査していないため、
火災保険は、

ムダの宝庫になっている可能性もあります。

 

一口に火災保険といっても、
単に火災だけでなく、
落雷、爆発、風災、雪災、水災、水濡れ、盗難など、
住宅や家財に損害を被った場合に、
幅広く補償されるオールリスクタイプの保険が多いです。

基本的な補償内容は、
どの保険会社も大差ありませんが、

「必要な補償だけを選べるパターン」と
「フルセットの補償から最低限のセット補償、
そしてその中間の3つのセット商品の中から選ぶパターン」と
大きく2つに分けられます。

どちらも共通して言えるのが、
「水災」を補償に入れるかどうか。

水災をカバーすると、
保険料はかなりアップします。

例えば、35年、一括払いで、
保険料75万円程度が、
水災を補償対象に加えただけで、
100万円以上に跳ね上がることも
珍しくありません。

水災は、
豪雨による床上浸水や
土砂崩れで建物が損壊したときに
補償されるので、

海や川や崖が近いなど
水災のリスクがあるのなら、
ぜひ加入しておきたい補償ですが、

中には高台にある住宅や
マンションの中高層階など
リスクが低いと考えられる住宅でも、
水災を補償対象に加えているケースを
見受けます。

単に保険料を安くしたいから
という理由でやめるのではなく、
水災の補償が本当に必要かという観点で
検討してみてはいかがでしょうか。

リスクについては、
自治体がエリアごとの災害リスクを示した
ハザードマップを公表しているので、
参考にしてください。