サイト内検索

関西一円の生命保険に関するご相談を女性ファイナンシャルプランナー(FP・主婦・子育て中)が承ります。

山下FP企画
〒662-0952 兵庫県西宮市中浜町3-10   tel 0798-36-4877  mail fp@yy-hoken.com
土・日曜日・祝日OK お問い合わせ時間 AM9:00~PM6:00 お気軽にお問い合わせください。
お申込はこちら
サービス 知っておきたい保険の話 山下FP企画について 知っておきたい保険の話
パーソナライズ提案
保険の賢い利用方法
保険の裏ワザ
商品情報
保険コラム
相談について メールマガジン お問合せ

メルマガバックナンバー

個人年金控除の枠をつかって自分年金をつくろう!

2012年02月17日

個人年金控除の枠をつかって自分年金をつくろう!

家計のラテマネーを探せ!

2010年05月05日

あなたの家計でラテマネーはありませんか? それに気づくとミリオネラー? 

今年こそ、家計簿を!と決心している方へ

2010年01月24日

今年こそ、家計簿を!と決心している方へ

来年こそ「家計簿」!と決心している方へのアドバイス

2010年01月04日

来年こそ「家計簿」!と決心している方へのアドバイス

投資はその商品のリスクを知ることが大事!

2009年09月16日

投資はその商品のリスクを知ることが大事!

生涯賃金2億円! 何にどれだけかかる?

2009年07月14日

生涯賃金2億円! 何にどれだけかかる?

保険の裏技!子どもの教育資金、学資保険ではなく終身保険で!

2009年04月14日

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
FPが語る!ハッピー☆リタイアまであと7300日(20年)達成への道のり 

<難しい言葉はありません。ズバリ、簡単かつ明瞭な言葉で本音トーク!
自分のリタイア後の人生をより豊かに、安心して過ごすには
少しばかりの知恵と行動力さえあれば、OKです。
7300日後があなたと私のゴールです。
自分自身が描く豊かな老後をめざしてともに、がんばりましょう!>

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  
〇 初めてこのメルマガをお読みになられる方へ

このメルマガは、
今から約20年後に間違いなくやってくる老後の生活を豊かに送りたい
(ハッピー☆リタイアといいます)方のために
今から、なにを考えておくべきなのか、どうしたらよいのか・・・

 資産運用・保険・住宅ローンなどに対し、今やるべきことは何か?

お金を賢く使い、いかに資産を増やしていくかが

実務家FPが日ごろの経験を通してお伝えしていきます。

難しいことはありません。「なるほど・・・そうか!」と気づいていただき、
ゆっくりと行動していただければOKです。

ご相談のご依頼も気軽にお声をかけていただき
FPを上手に利用していただければと思います。

マンションってどうよ・・・住宅ローン四天王としてコラム月2回執筆中!
             こちらもご参考に

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
本日のテーマ
〇 ライフプランから考える!マイホーム購入成功の秘訣!
 というタイトルでセミナー開催いたします。
〇 保険の裏技!子どもの教育資金、学資保険ではなく終身保険で!
〇 編集後記
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
〇セミナー開催いたします。

テーマ・・・・・ライフプランから考える!マイホーム購入成功の秘訣

開催日時
2009/4/30(木)13:30~15:30 開場13:00

演目
1.ライフプランなぜ必要?・・・ライフイベントの資金を知る!
2.購入する前に知っておく!失敗しないマイホーム購入の秘訣!
3.住宅ローン返済計画を考える前に・・・家計のムダをなくす!

会場
 神戸市・ 神戸国際会館9階 7・8号会議室

参加費
無料  (定員になり次第締め切り)

主催者様   SBI証券

お申し込みと詳細はこちら   

今回は、SBI証券様主催の「住宅購入&ライフプラン」のセミナーです。

これから住宅購入をしようとしている方に、ご参考となる内容となっています。

マイホーム購入は失敗すると、ダメージが大きいです。

「あれ?こんなはずでは・・・・・・」と後悔しないよう

しっかり資金計画をたてましょう!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●学資保険の代わりに終身保険を活用!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

終身保険とは、言葉どおり、「身が終わる保険」・・・
人間いつかは万が一のときがきますので、保険期間がその方が生きている間中、
続く保険です。だから⇒終身保険

この終身保険の加入目的は、一般的には「整理費用(お葬式代)」といわれています。
ですが、賛否両論はありますが、お葬式代のために「終身保険」に加入するのは
ちょっと・・・・
なぜなら、若いうちに、何十年も先に必要となる、お葬式代を確保しないと
いけないのでしょうか?

そこでプロの裏ワザ・・・・学資保険の代わりに終身保険!

「学資保険」・・・・・子どもが誕生したら、加入しないといけないと思っていませんか?

実は、私もそうでした。でも「学資保険」って戻り率が悪いですね。

それもそのはず、「学資保険」の被保険者は、お父さんと子どもです。
お子さまや、お父さんに万が一のことがあれば、
お子様は死亡保険金を
お父様のばあいは、保険料払込免除となって18歳時に満期金や育英金を
受け取ることに。

つまりダブルで生命保険料がかかるわけ。
おまけに、こどもの医療保険もついているので、
元本割れも仕方がないですね?

そもそも子どもの教育資金の捻出のために
「学資保険」に加入していると思いますが、
もし、お父さんに万が一のことがあると、
お子さんは大学に通うことも経済的に
難しくなります。(母子家庭の平均年収は200万円)

だから、学資保険は、
貯蓄目的と、お父さんに万が一の場合の大学資金の確保が目的・・・・
子どもの万が一のための生命保険金は目的外です。

だったら、お父さんのみに、生命保険を用意し、
しかも学資保険のように、15年~18年など短い期間で
保険料の払込を終わらせ、子どもの大学の費用に
備えればいいですね?

そのために、お父さんに「終身保険」を
保険料払込、15~18年で設計し加入すると
今、いろいろな終身保険がありますが、
元本割れはまずありません!

(詳しい見積りが必要、または話を聞いてみたい方は、
お気軽にお申し出ください。)

もちろん、子どもの学資を保険で用意しないといけないことはないですが、
貯金は、三角、保険は四角・・・・という「言葉」があります。

貯金は、お父さんに万が一のときに、積み立てていたお金のみが、遺族の手元に残ります。
積立ていた期間が短いと、たとえば、1回だけ1万円積立して万が一のときは当然、
1万円がご遺族の手元に・・・・(これでは、子どもの大学への進学は無理ですよね)
三角というのは、積み立てした累積の金額をあらわします。

一方、生命保険は、たった1回だけ、1万円保険料を支払っただけですが、
万が一のときは、仮にその生命保険金が500万だとすると、お子さまの教育資金が
それでまかなえてしまう・・・
それが、生命保険の最大の特徴で、四角というのは、保障の高さをあらわします。

資金がたっぷりある人は、生命保険は必要ありません。
もしもと時は、ご自身の資産からお子様の教育資金を捻出すればいいだけ。

ただ多くの場合、十分な学資が貯まっていないのがほとんど・・・
だから、貯蓄と生命保険を同時に用意できるプランとして、
お父さんのみに、支払い期間の短い終身保険を用意することも
生命保険の有益な使い方だと思います。いかがでしょうか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
編集後記

花粉症・・・ついにわが子も!

お天気なのはうれしいですが、花粉が飛んですごいことになっているようです。
私は、いまのところ、アレルギー反応はまったくありません。

しかし、先日わが子が目のかゆみを訴え、様子がおかしいので、病院につれていきますと、
ヒノキの花粉症だと宣告されてしまいました。(泣)

お母さん、もう治らないの?と泣きべそをかく始末・・・
「大丈夫、雑穀料理で必ず良くなるから、来年はきっと大丈夫だよ!」

と励ますとうれしそうに、にこっと笑顔・・・
頑張らなくては!と闘志がわいてきました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
住宅ローンや教育費、老後の資金が心配な方・・・・・
これを機会に、ライフプランの見直し・点検をしませんか?
生命保険診断・ライフプラン・住宅ローン相談・家計診断のお申し込み受付中。

山下FP企画 0120-715-396(非通知・携帯ご利用できません)までお気軽に
お申し込み、お問い合わせください。(HP)http://www.yy-hoken.com/

☆☆保険の見直しセミナー、住宅ローンセミナー、
ライフプランセミナー等企画にあわせて、講演いたします。
企画提案段階で、必要な講師プロフィールをお送りいたしますので
お気軽にお申し出ください。

お申し込み先  山下FP企画 
0120-715-396(非通知・携帯ご利用できません)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■